無料購読はこちら
ツナガリ

当サイトは、電子書籍の週刊マガジン「ツナガリ」のサポートサイトです。

(無料購読は iTunes のインストールされたパソコンから右側のボタンをクリック!)

※ 投稿制・ポイントの発行を廃止しました。

iTunesにクラウドが来なかったヤァ!ヤァ!ヤァ!

in アーカイブ, コラム

アップルTOP

明日、いつもと同じ一日が、忘れられない一日になります。

アップルが、こんなに煽った告知は珍しい。一体何が発表されるのか。ツイッター上でも話題騒然となったが、ふたを開けたら iTunes Store で ビートルズの楽曲が販売になったのだという。

たしかに、スティーブ・ジョブズにとっては忘れられない日だろう。ビートルズが大好きなのに、訴えられたり、なかなか iTunes Store に参加してもらえなかったり。ただ、言ってしまえば、これはやり過ぎた感じもある。じつは、私もビートルズは大好きだし、iTunes Store に楽曲があることは嬉しい。アップルとの訴訟などのゴタゴタも知っている。気持ちは分かるけど、そんな大声で大好きだと叫ばれちゃうとあなた、ちょっと恥ずかしいじゃない。

期待して待った人たちの反応も、「これだけ?」感が大きかった。もちろん、予想されなかったことではないけれど、どちらかと言えば iTunesのクラウド版などが期待されていたのではないだろうか。

クラウド版になるとどうなるか。分かるような分からないようなだが、しかし、ウェブの世界はいつのまにクモの糸からクモになってしまったのか。とはいえ、私もiPadやiPhoneを使うので、クラウドサービスと言われるものを便利に使っている。とくに、この雑誌を作るにあたり、2台のMacとiPadで原稿を共有するために、「Simplenote」というウェブサービスを使いはじめた。しかも「Dropbox」を保存先にし、バックアップ代わりにしている。「Dropbox」は有名なオンラインストレージ。同期が早いので好き。「Simplenote」は、ウェブブラウザでアクセスできるテキストを書くためのサービス。Macからはウェブブラウザでも編集できるのだが、「Notational Velocity」というクライアントアプリケーションをつかっている。

「Notational Velocity」の保存先を変更してDropboxにしているため、いざというときは、テキストファイルがDropbox内にある。Dropboxは2台のMacと1台のWindowsと同期してあって、iPhoneやiPadからも確認できるため、涙がでるくらい便利。しかも、同期が早く、知らないうちに同期してくれている。

また、SimplenoteはiPad/iPhoneアプリがあり、起動も同期もなかなか早い。しかも、いちいち保存ボタンを押さなくてもその都度、(iPadなどに標準で入っているメモのように)自動的に保存してくれるところも気に入っている。なお、iPad/iPhoneアプリでは文字数もカウントできるのだが、ウェブ版では文字数のカウントができないのがやや不満。

Windowsからももちろん使えるので、どの環境からでも最新の原稿を編集できるのはとても便利だ。いろいろ使ってみて、いまはこれに落ち着いている。みなさんは、テキストを書くときは何を使っているだろうか?できたら教えて欲しい。

Copyright©2011 Whizzo Production, all right reserved